用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

不動産用語ピックアップ

買取保証(かいとりほしょう)

個人所有住宅の買換えや至急換金等、売主の事情によって不動産売却と資金調達が連動し、かつ時間的制約がある場合、不特定買主との合意による売買契約成立のみに期待することは売主にとって危険なので、売主の不安を除き危険負担を分散するため、一定媒介期間経過後に希望価格での成約に至らないときは、媒介業者が査定価格から公租公課と必要経費を減じた価格で買い取ることを約束することがある。これを買取保証という。実務上は新規物件販売のための下取り物件処理や買取り転売の手法として用いられる。この場合の査定価格は業者の転売危険負担を見込むので、通常の媒介の査定よりその分だけ下回る。

不動産用語ピックアップ

地上権(ちじょうけん)

建物や工作物を所有する目的で、他人の土地を使用する権利のこと(民法第265条)。土地賃借権と地上権は非常によく似ているが、次のような違いがある。 ‥效歪村攜△郎銚△世、地上権は物権である 地上権は、土地所有者の承諾がなくても、他人に譲渡することができる。 C肋絽△鮴瀋蠅靴薪效禄衢者には登記義務があるので、地上権は土地登記簿に登記されているのが一般的である。

不動産用語ピックアップ

手付金等寄託契約(てつけきんとうきたくけいやく)

指定保管機関が宅建業者に代理して手付金等を受領するとともに、受領した手付金等の額に相当する額の金銭を当該指定保管機関が保管することを内容とする、宅建業者と指定保管機関との間における契約。この契約は、次の要件に適合していることが必要である。(欖匹気譴覿盂曚、受領しようとする手付金の額(既に受領している額があるときには、その額を加えた額)であること。∧欖百間が少なくとも当該宅地建物取引の引渡しまでの期間であること。宅建業者は、このような契約をしたことを証する書面を買主に交付しなければならない(宅建業法41条の2)。

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社