用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

不動産用語ピックアップ

一般保証業務(いっぱんほしょうぎょうむ)

宅地建物取引業保証協会等がその社員である宅建業者との契約により、その宅建業者が受領した支払金または預り金(いかなる名称で授受さえるかを問わず、宅建業者がその相手方から、その取引の対象となる宅地または建物に関して受領する金銭をいう。ただし、受領する額が50万円未満のもの、保全措置が講じられているいる手付金等、登記後に受領するもの、および報酬は除かれる)について、その返還債務などの債務を連帯して保証する業務をいう。保証協会がこの一般保証を行う場合は、建設大臣の承認を受けなければならないこととされている。

不動産用語ピックアップ

地上権(ちじょうけん)

建物や工作物を所有する目的で、他人の土地を使用する権利のこと(民法第265条)。土地賃借権と地上権は非常によく似ているが、次のような違いがある。 ‥效歪村攜△郎銚△世、地上権は物権である 地上権は、土地所有者の承諾がなくても、他人に譲渡することができる。 C肋絽△鮴瀋蠅靴薪效禄衢者には登記義務があるので、地上権は土地登記簿に登記されているのが一般的である。

不動産用語ピックアップ

土地に対する負担調整措置(固定資産税)(とちにたいするふたんちょうせいそち(こていしさんぜい))

固定資産税では、昭和39年以降課税標準の評価改訂に際し、税負担の急激な増加を調整するため、負担調整措置がとられている(地方税法附則18条以下)。平成9年度の税法改定により、宅地と農地について、平成9年から平成11年度までの間の税負担について一定の負担調整措置が規定されている。

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社