用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

不動産用語ピックアップ

欠損(けっそん)

剥落(はくらく)、欠け(かけ)等と同意語。外壁の仕上げがタイル張りであったり、モルタル塗りであったりする場合、それらの仕上げの一部が躯体コンクリートから剥離して、遂にはそれが落下して思わぬ人身事故になることもある。とくに大雨や台風の直後や小規模の地震の後などのほか、気温が急激に変化した翌日など天候が著しく変化したときに剥落が起こる場合が多い。欠損はまず庇の先端や軒先、バルコニーの鼻先など建物の異形部分にまず発生し、次いで壁、一般部分に広がっていくことが多い。欠損部分の補修にはエポキシ樹脂モルタルやポリマーモルタル等が用いられる。

不動産用語ピックアップ

採草放牧地(さいそうほうぼくち)

農地法でいう農地以外の土地で、主として耕作または養蓄の事業のための採草または家畜の放牧の目的の供される土地をいう。採草放牧地であるか否かは、その土地の状態に基づき客観的に決まるものであり、登記簿上の地目、所有者の主観的意図等とは関係がない。採草放牧地についても、農地と同様に権利の設定、移動および転用の制限がある。

不動産用語ピックアップ

代理店(だいりてん)

特定の売り手のために取引の代理または媒介をする商人のことを代理商といい、この代理商の営業する独立自営業者・店舗のことをいう。不動産取引に代理店が直接かかわることはないが、住宅火災保険などを扱う「損害保険代理店」をさすこともある。

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社