用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

心裡留保(しんりりゅうほ)

表意者が表示行為に対応する真意のないことを知りながら行った意思表示をいう(民法93条)。冗談で甲が自分の家を乙に与えると約束するような場合がその例であるが、心理留保であっても、その意思表示は原則として有効である。ただし、相手方(乙)が意思者(甲)の真意(冗談)を知り、またはこれを知ることができるような事情にあるときは無効となる。そのような相手方を保護する必要はないからである。なお、判例は代理人(または会社の代表者)の真意を知っているような場合には、相手方と本人(または会社)との間では効力がないとしている(最判昭和42年4月20日民事判例集21巻3号697頁、同昭和38年9月5日民事判例集17巻8号909頁)。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社