用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

集成材構造(しゅうせいざいこうぞう)

構造用集成材により構築される構造方法のことである。集成材とは、ラミナと呼ばれる挽板(ひきいた)を、繊維方向をそろえて組み合わせ、合成樹脂接着剤で積層接着して製造される木質材料であり、その使用目的により、構造用集成材と造作用(ぞうさくよう)集成材に分かれる。集成材により、天然では得にくい大断面で長尺の材が得られるとともに、湾曲材も容易に製造できるため、体育館、美術館、スポーツ練習場等をアーチ等による大スパン構造として建築するのに適した構造方法である。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社