用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

準難燃材料(じゅんなんねんざいりょう)

火災の際、発生する煙やガスの量が多く、また燃える際に溶けるといった点で、難燃材よりも防火性能が劣るが、難燃材と同等に燃えにくい材料をいう。アーケードや屋根の採光窓に使用される場合が多い。燃え広がるという点では危険であるが使用場所が限られていれば煙やガスが出ても避難上それほど危険ではなく、また穴があいても屋根裏に溜まった煙を外へ逃がす効果があるため、このような材料の使用が一定の面積の範囲内において認められている。準難燃材料も、不燃材料、準不燃材料等と同等に、建設大臣によって認定されており、ポリカーボネート板、網入硬質塩化ビニル板等が代表的な材料である。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社