用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

真壁(しんかべ)

和風木造建築における伝統的な構法であり、柱をあらわし、柱と柱の間に壁を納める方式の壁の構法である。伝統的には、土塗りの小舞壁(こまいかべ)(木舞壁)であり、細かい竹を格子状に組み、これに土を塗って仕上げる。木造真壁は、柱が室内外の空気に触れて防腐上は好ましいが、筋かいを入れにくいという難点がある。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社