用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

2×4ツーバイフォー工法(つーばいふぉーこうほう)

在来工法のように柱と梁の軸(線)ではなく、壁と床の面で家屋全体を構成していく工法。使用する木材が少なく単純であることなどから、工場による量産化が進んでいる。一般的に2インチx4インチの断面を持つ木材を使用するため、このように呼ばれる。〔⇒枠組壁工法〕

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社