用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

不動産小口化商品(ふどうさんこぐちかしょうひん)

不動産会社がオフィスビル等の不動産の所有権を共有持分権若しくは区分所有権の形に分割して分譲するとともに、その共有持分権等を一括して管理、運用し、一定期間中の賃貸収益および一定期間経過後に当該不動産を売却し得た売却益を、買主にその持分に応じて分配する仕組みである。昭和62年以降、商品化されており、その契約の類型により、組合型、信託型、賃貸型に大別される。[→不動産共同投資事業]

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社