用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

事業受託方式(じぎょうじゅたくほうしき)

土地の有効利用の一つで、土地所有者からの依頼を受け、不動産会社(ディベロッパー)が、事業計画の策定、資金の調達、工事の発注、テナントの斡旋、完成建物の管理等の土地利用事業に係わるすべての業務を引き受ける方式をいう。この方式では、不動産会社が完成建物を一括借り上げする等の方法により、土地所有者の収入を保証する事例が多い。本方式は、信託銀行の土地信託に対抗するために不動産業界が開発したもので、昭和56年頃から急速に普及してきた。〔⇒土地信託、高額地代方式〕

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社