用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

建設協力金(けんせつきょうりょくきん)

ビルを賃借する者が、賃借権を取得するためにビル所有者に貸し付ける建設資金。通常は10〜15年程度据え置いた後、一定の利息をつけて返済される。戦後の復興期においては、オフィス需要がおう盛となる一方で、建設資金が不足する状況であったため、特に大都市において広く建設協力金の授受がみられた。しかし今日では、資金事情の変化もあって、減少傾向にあり、ビルの賃借人が所有者(貸主)に支払う金銭は、賃料の他、保証金・権利金等のみであることも多い。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社