用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

実務講習(じつむこうしゅう)

宅地建物取引主任者資格登録に必要な「宅地・建物の取引に関する2年以上の実務経験」に代わるものとして、建設大臣が指定した講習をいう。昭和63年の宅建業法の改正により、宅地建物取引主任者資格登録要件のひとつとして、‖霖老物の取引に関し2年以上の実務の経験を有する者、または、建設大臣が,汎嬰以上の能力を有すると認めた者(建設大臣が指定する講習を受講した者)のいずれかに該当することが必要となった。講習は、3ヶ月の通信講座と3日間の集合教育(スクーリング)から成っており、講習科目は、a:総論、b:土地および建物の調査に関する事項、c:土地および建物に関する契約に関する事項、d:重要事項に関する事項、e:土地および建物の価格の評価に関する事項、f:その他、とされている。〔⇒指定講習〕

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社