用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

営業保証金の供託(えいぎょうほしょうきんのきょうたく)

"営業保証金の供託は必要なとなるのは、‖霖老物取引業を新たに営もうとするとき、∋拇硬の事務所を新設するとき、1超畔歉擽發隆塢佞砲茲蟇超畔歉擽發不足するとき、ね価証券で供託している場合で、主たる事務所を移転したため最寄の供託所が変更したときである。営業保証金は、金銭のほか建設省令で定める有価証券をもってあてることもでき、その額は主たる事務所が1,000万円、その他の事務所は事務所ごとに500万円として計算した金額の合計で、主たる事務所の最寄の供託所(法務局、地方法務局、支局および出張所)に供託する。なお、宅地建物取引業保証協会の会員は営業保証金を供託する必要はないが、同協会に弁済業務保証金分担金の納付(主たる事務所につき60万円、その他の事務所につき事務所ごとに30万円)が必要となる。"

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社