用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

譲渡所得(じょうとしょとく)

資産の譲渡による所得をいう。譲渡所得の総収入金額の収入すべき時期は原則として資産の引渡し日とする。なお、契約書に引渡し特約があるときはその日とする。譲渡には売買のほか交換、贈与、公売、競売、法人に対する現物出資等を含み、法人に対する贈与などの「みなし譲渡」も含まれている。計算方法は、譲渡収入金額から所得費と譲渡費用を控除する。不動産を除く資産は、保有期間が5年を超えるものの譲渡は長期譲渡所得、5年以下の場合には短期譲渡所得となる(所得税法33条)。また、不動産については、期間が売却をしようとする年の1月1日現在で5年を超えるものは長期譲渡所得となり、売却代金から所得費・譲渡費用等および特別控除(100万円)を控除した額に対し、一律20%の税率で所得税が課税される(租特法31条)。また、5年以下の場合は、次に掲げる計算方法,泙燭廊△砲茲蟷蚕个気譴振盂曚里Δ繊△い困譴多い金額に相当する所得税が課税される(同法32条)。 _歙巴惨譲渡所得金額×40% {(課税短期譲渡所得金額−50万円+課税総所得金額)×累進税率−課税総所得金額×累進税率}×110%

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社