用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

道路(建築基準法上の)(どうろ(けんちくきじゅんほうじょうの))

都市計画区域内においては、建築物の敷地は道路に2m以上接しなければならない(建基法43条)。ここでいう「道路」とは、幅員4m(特定行政庁が指定する区域内においては6m)以上のもので、‘始法による道路、都市計画法、土地区画整理法、都市再開発法等による道路、これらの法律による道路で2年以内にその事業が執行される予定のものとして特定行政庁が指定したもの、せ籠擦覇団蟾埓庁からその位置の指定を受けたもの、シ基法第3章の規定が適用されるに至った際に現に存在する道――(同法42条1項)をいうが、建基法第3章の規定が適用されるに至った際、現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したものも道路とみなされる(同法42条2項)。〔⇒道路位置の指定、2項道路〕

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2019 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社