用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

減価補償金(げんかほしょうきん)

国、地方公共団体、住宅・都市整備公団、地域振興整備公団、または地方住宅供給公社は土地区画整理事業の施行により、施行後の宅地の総額が施行前より減少した場合に、その差額に相当する額を補償金として交付しなければならないこととされており、当該金銭を指す。公共施設用地の面積が大きいために減歩率が高い土地区画整理事業の場合、宅地価格が単価としては上昇しながら総額としては減少することがある。減価補償金は、このような宅地価格の絶対額の減少に対してなされる補償の意味を有している。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社