用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

データベース(でーたべーす)

データベースとは、一般に「利用しやすいように整理・統合された情報の蓄積」をさす。この意味では、不動産流通機構の検索システムも、不動産物件データベースといえる。データベースの記録・蓄積装置としてファイル装置があるが、これには紙記録(バインダーブック等)、フィルム記録(ロールフィルム、カードフィルム等)電子記録(磁気テープ、磁気ディスク、光ディスク)がある。光ディスクは、文字、画像、映像等なんでも容易に入力でき、登録情報の大容量化も可能で、多方面での利用が進められており、不動産情報についてもその活用が検討されている。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社