用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

仮登記担保(かりとうきたんぽ)

金銭債務の不履行のときは、その弁済に代えて債務者の不動産所有権等を債権者に移転することを予約して、その物に仮登記、または仮登録をする形式の担保をいう。代物弁済の予約をしたときは、本来完結のとき代物弁済の効力を生ずるものであるが、予約から完結までに不動産が以上に高騰すると、当事者間の公平が失われることとなり、また、競売手続きを経ないで担保不動産が取得されること等から、昭和53年の仮登記担保契約に関する法律は、これを担保として扱い、差額の清算をさせることとした。債権者は、予約の完結とともに清算金の見積額を債務者に通知して、2ヶ月の清算期間を経過しないと、所有権を取得できない。しかし、債務者は清算金が支払われるまでは、5年間を限度として受戻請求をすることができる。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社