用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

宅地建物取引業初任従業者教育研修(たくちたてものとりひききょうしょにんじゅうぎょうしゃきょういくけんしゅう)

宅地建物取引をめぐる紛争は、消費者と直接接触する宅建業の従業者、特に宅地建物取引主任者以外の従業者の知識、経験不足から生ずるものが多いことが指摘されており、このような状況のもとに平成2年度から「宅地建物取引業従業者研修登録制度」が実施されてきたが、平成8年度から、より一層、宅建業の従業者、とりわけ、初任従業者の資質の向上を図り、宅地建物の購入者等の保護と宅建業の発展に資することを目的に「宅地建物取引業初任従業者教育研修制度」が実施された。講習方式は、ー宅学習で、各履修科目を3ヶ月で履修するコース(この方式は、(財)不動産流通近代化センターおよび近代化センターの認定を受けた業界団体が実施する)、講義(スクーリング)方式(この方式は、業界団体と近代化センターの認定を受けた企業が実施する)があり、ともに教育研修の修了を認定するための修了試験(択一式)がある。なお、修了者が指定講習を受講する場合は、宅建業の実務経験が1年短縮され、実務経験2年で受講できる。

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社