用語辞典

知っていると役立つ!不動産用語辞典

書面の交付義務(しょめんのこうふぎむ)

宅建業者が関与して、宅地または建物の売買等の契約を締結したときは、その契約の相手方等に、遅滞なく、一定の契約内容を記載した書面を交付しなければならない(宅建業法37条)。契約内容を明確にし、紛争の未然防止を図るためである。本条で要求する記載事項は、売買または交換の場合(同条1項)、賃借の場合(同条2項)で異なっているが、必要記載事項のすべてを漏れなく記載した契約書をもって、本状の書面に代えることができ、実務上もそのように取り扱われる例が多い。なお、本状の書面は宅地建物取引主任者(重要事項説明を行った者が望ましい)が記名押印しなければならない。また、媒介報酬は本状の書面の作成交付後でなければ受領できない(標準媒介契約約款9条、商法550条1項、546条)。なお、宅建業者が、宅建業法に基づき、不動産取引に関与するにあたり、取引の相手方に交付しなければならないとされていいる書面としては、以上のほかのほか次のものがある。‖霖呂泙燭老物の売買または交換の媒介の契約を締結したときは、依頼者に対し遅滞なく一定の媒介契約の内容を記載した書面を交付しなければならない(宅建業法34条の2)。これを媒介契約書といい、これを交付することなく、媒介報酬を受領すると処分の対象となる。宅地または建物の売買、交換もしくは貸借をしようとするときは、取得しようとする者または借りようとする者に対して、その契約が成立するまでの間に、当該物件の重要事項について取引主任者をして、その内容を記載した書面を交付して説明させなければならない(宅建業法35条)。〔⇒媒介契約の内容の書面化、重要事項の説明義務〕

こんな用語も知っておくと便利です

不動産用語辞典
不動産用語辞典を検索
カテゴリーで探す
カテゴリー 
キーワードで探す
キーワード 
検索対象  

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社