社員ブログ

2006年3月14日

tama 日本の文化。

こんにちは!暖かかったり、寒かったり。三寒四温を体で実感しております。結核が流行っているとかいないとか・・・。下北沢もそのうち下北沢ヒルズとか建てちゃうのかなぁ・・・?下北沢はそんなことないかなぁ・・・。

皆さん気をつけてくださいね。
さて、先日表参道に行ったら、私の思い出の同潤会青山アパートが、表参道ヒルズに変わっていました。
実は私は、20歳の時に友人と同潤会アパートで、アクリル画のグループ展をしたことがあり、思い出の場所が表情を変えたのを見て、何だか寂しい感じがしました。

汐留のシオサイトや六本木ヒルズ。著名な建築家が設計した高層施設を中心にした街づくりが東京では進んでいる様です。エネルギッシュな魅力には溢れてはいますが、一方で懐かしい風景を犠牲にしている事も事実。なるようにしかならないとは思っていても、やっぱりどこか寂しいです。
対照的なのが、古い建物を補修して残すヨーロッパの街並みだと思います。
これって、文化の違いなのかなぁ?日本の街並みを見ても、景観や街づくりに対する価値観が薄いのかなぁと感じますね・・・。。下北沢の街がもし、白壁瓦屋根になったら・・・。面白いだろうなぁ。
前に私が、旅行で福井県の三国港へ行った時そこには白壁、瓦屋根の港町がありました。
朝から、お父さん達は越前がにを獲りに。お母さん達は総出で出荷作業。そんな風景と町が見事にマッチしていて、ゆったりとした時間の流れを感じる事が出来ました。。。下北にも何だか懐かしい風景が沢山あるんです。
 私は戦争も知らないし、生まれた時にはテ
 レビも冷蔵庫も洗濯機もあって、バブル時
 代だったので、昭和の良き時代なんて知ら
 ないんですが、そこに懐かしさを感じたり
 するのは、日本人の血が流れているからで
 しょうか。日本人の経済が急成長したのと
 同時に忘れてきた大切なものを、少しずつ
 勉強していきたいなぁと思います。

コメント





トラックバック

トラックバックURL: https://www.8111.com/mts/mt-tb.cgi/2155

メキシコ建築 - 社員ブログ

有名な建築家はたくさんいますが皆さんの好きな建築家もしくは 知ってる建築家さんは...

プロフィール

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社