社員ブログ

2006年10月 3日

tama 「ノーマライゼーション 」

HAPPY
今日通勤途中に、盲導犬を連れた方が乗車されました。

盲導犬はとても賢く、そしてとても可愛かった為に
同乗者が盲導犬を触ったり、「いい子ね?」等と
声を掛けていました。

その時に、高校生の時に読んだ「ノーマライゼーション」の
記事を思い出しました。

「ノーマライゼーション」とは社会福祉をめぐる、社会理念の
一つですが、「障害者と健常者とはお互いが区別されることなく
社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿
である」とする考え方です。


日本の場合は、まずは、障害について理解する事が先だと考えます。


友人の子どもは障害があるのですが、アメリカの紀伊国屋で騒いで
いたら、見知らぬ男にぶたれたことがあるそうです。
アメリカではまず起こりえない話。
「彼は、まずは個々の障害についての知識を得てから、アメリカに来るべきだったろう」と友人は言っていました。

それくらい、障害に対する知識があるという事です。
知識がなければ、障害も判別出来ないですしね。

ノーマライゼーションから学んだことは、人と付き合うという事は
他者を理解し尊重する事。

他者を理解し尊重する上での基本は自分を常にニュートラルに保つ事。

一つの考えに凝り固まると、大事な物を見失ってしまいます。

吸収と分析、解釈と淘汰を繰り返して、自分をニュートラルに保つ。

ノーマライゼーションの理念がみんなをHAPPYにするのになぁ・・・。
と思う今日この頃なのでした。

私が出来ることから、意識をしていこうと考えています。

コメント





トラックバック

トラックバックURL: https://www.8111.com/mts/mt-tb.cgi/2182

プロフィール

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社