不動産トピックス

住宅地は10年ぶりに上昇

国土交通省が3月27日に1月1日時点の平成30年の公示地価を発表しました。
公示地価の変動率を住宅地・商業地・工業地といった各用途別に確認すると、住宅地が0.3%上昇、商業地が1.9%上昇、工業地が0.8%上昇と全国平均は昨年と比べて上昇しています。
特に住宅地は10年ぶりの上昇となりました。

3大都市圏と地方圏の状況

[東京圏]
東京圏の変動率は住宅地の1.0%上昇(昨年0.7%上昇)、商業地の3.7%上昇(昨年3.1%上昇)と昨年に続いて5年連続の上昇となります。
特に商業地では上昇幅も昨年と比べて拡大しています。

[大阪圏]
大阪圏の住宅地の変動率は昨年の0.0%の横ばいから今年は0.1%とわずかなら上昇している。
一方で、大阪府の東部地域では昨年に引き続き下落を続けている市町が見られる。
商業地の変動率は昨年の4.1%から今年は4.7%と住宅地に比べて上昇幅が拡大しています。

[名古屋圏]
名古屋圏の住宅地の変動率は昨年の0.6%から今年は0.8%とわずかなら上昇している。
名古屋市、尾張地域及び西三河地域では、昨年と同様に上昇を続けているが、知多地域では昨年から引き続き下落が続いている。
商業地の変動率は昨年の2.5%から今年は3.3%と住宅地に比べて上昇幅が拡大しています。
また、知多地域では昨年から引き続き下落が続いていますが、下落率も昨年は△1.1%で、今年は△0.7%と下落率も小さくなっています。

[地方圏]
地方圏の住宅地の変動率は昨年の△0.4%と同様に今年も△0.1%と下落を続けているが、下落率は縮小傾向にある。
ただし、地方圏でも"地方四市は昨年は2.8%から今年は3.3%と上昇を続けている。
商業地の変動率は昨年△0.1%であったが今年は0.5%と上昇傾向が見られる。

表1 住宅地の変動率上位順位表(全国)


都道府県 標準値の所在地 平成29年
公示価格
(円/m²)
平成30年
公示価格
(円/m²)
変動率
(%)
1北海道虻田郡倶知安町南3条東1丁目16番9外21,00028,00033.3
2北海道虻田郡倶知安町字山田83番2938,00050,00031.6
3北海道虻田郡倶知安町北7条西4丁目1番3313,50017,00025.9
4沖縄県那覇市おもろまち3丁目6番11230,000270,00017.4
5沖縄県浦添市西原5丁目681番10
『西原5-19-12』
98,000115,00017.3
6沖縄県那覇市天久1丁目7番14外
『天久1-7-21』
228,000265,00016.2
7沖縄県中頭郡北谷町字伊平伊礼原260番7
(50街区3)
125,000141,00012.8
8沖縄県中頭郡中城村字南上原中坂田原840番7
(44街区6)
97,200109,00012.1
9沖縄県那覇市首里金城町1丁目19番6108,000121,00012
10福岡県福岡市東区千早4丁目2872番外
『千早4-10-1』
158,000177,00012
表2 商業地の変動率上位順位表(全国)

都道府県 標準値の所在地 平成29年
公示価格
(円/m²)
平成30年
公示価格
(円/m²)
変動率
(%)
1北海道虻田郡倶知安町南1条西1丁目40番1外
(三井生命)
29,50040,00035.6
2大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目37番外
『道頓堀1-6-10』
(づぼらや)
4,000,0005,100,00027.5
3京都府京都市南区東九条上殿田町50番2外
(KKDビル)
1,650,0002,100,00027.3
4京都府京都市東山区四条通大和大路東入祇園町北側277番
(豊田愛山堂)
1,550,0001,950,00025.8
5愛知県名古屋市中村区椿町1501番外
『椿町15-2』
(ミタニビル)
3,900,0004,880,00025.1
6愛知県名古屋市中村区名駅2丁目3603番
『名駅2-36-10』
(松岡第二ビル)
2,000,0002,500,00025
6京都府京都市東山区三条通大橋東入三町目35番7外
(GOZAN HOTEL)
552,000690,00025
6兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目329番
『磯上通8-3-5』
(明治安田生命神戸ビル)
2,160,0002,700,00025
9北海道札幌市中央区南6条西3丁目6番31
(ジョイフルさっぽろ)
340,000424,00024.7
10兵庫県神戸市中央区明石町47番
(ニッケ神戸ビル)
1,910,0002,380,00024.6

2018年公示地価 公示価格一覧

Copyright (C)1998-2016 株式会社健ハウジング / 世田谷区の不動産会社